記事No.40
タイトル  「地上の星」の夜空について
投稿者  つやま <tsuyama1208@gmail.com>
リンク(URL)  
登録日  2020年11月9日17時32分
こんにちは。
「地上の星」について、もし分かれば教えて下さい。

地上の星の歌詞には、6つの天体の名前が出てきます。
@すばる(M45プレアデス星団)、
A銀河(おそらくM31アンドロメダ銀河)、
Bペガサス座、
Cヴィーナス(金星)、
Dジュピター(木星)、
Eシリウス(おおいぬ座の恒星)

これらが一度に見える星空は存在するのか?
私の個人的な興味関心から調べてみました。

この曲がリリースされる2000年7月以前の星空を天体シミュレーションアプリで再現
してみたところ、
1999年10月15日(午前3:30頃)
1991年10月15日(午前3:30頃)
1988年10月15日(午前3:30頃)
1988年1月15日(午後18:30頃)
1977年1月15日(午後18:30頃)
…の日時に「地上の星」の空が見られそうです。
(まだ他にもあるかもしれませんので、今後調査を続けます。
なお、次は2025年に見られそうです。)

そこで私が気になったのが、中島みゆきはこの星空を実際に見て作詞したのかという
ことです。
そのあたりの経緯、ご存知ですか?

貴WEBサイトで紹介されている文献を読んでみましたが…分かりませんでした。

今後、ファンの間で『「地上の星の日」に夜空を眺めよう!』みたいなことが提唱さ
れれば面白いかなと思っています。

大変お手数ですが、お返事いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

   
返信 投稿 削除 戻る

親記事 コメント
なし なし


一覧に戻る