中島みゆき研究所 Miyuki Nakajima Lab
総合案内 音楽作品目録 文献目録 TV・ラジオ・映画 中島みゆき掲示板 アイコン
略歴・管理人室 活動年譜 公演記録 美術館・写真館 リンク集
音楽作品目録/歌詞
2014/03/22 更新
BA.090a
断崖─親愛なる者へ─
だんがいしんあいなるものへ
親愛なる者へ
1979.03.21
作詞 作曲 編曲 (Ver.)
中島みゆき 中島みゆき 福井崚 (1)
中島みゆき
LYRIC (a)『親愛なる者へ』
風は北向き 心の中じゃ
朝も夜中も いつだって吹雪
だけど 死ぬまで 春の服を着るよ
そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね、みんなそうさ

走り続けていなけりゃ 倒れちまう
自転車みたいな この命転がして
息はきれぎれ それでも走れ
走りやめたら ガラクタと呼ぶだけだ、この世では

冷えた身体を 暖めてくれ
すがり寄る町に 住む人とてなく
扉をあけて 出てくる人は
誰も今しも 旅に出る仕度、意気も高く

生きてゆけよと 扉の外で
手を振りながら 呼んでる声が聞こえる
死んでしまえと ののしっておくれ
窓の中 笑いだす声を聞かすくらいなら、ねぇ、おまえだけは

生きる手だては あざないものと
肩をそらして 風を受けながら
いま 崩れゆく崖の上に立ち
流し目を使う 昔惚れてくれた奴に、なさけないね

風は北向き 心の中じゃ
朝も夜中も いつだって吹雪
だけど 死ぬまで春の服を着るよ
そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
そうさ 死んでも春の服を着るよ
そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね

そうさ 死んでも春の服を着るよ
そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
COPYRIGHT
JASRACコード 出版者
046-6821-9 ヤマハミュージックパブリッシング
CategoryTop
Previous Back Next
PageTop
BA.090b
断崖─親愛なる者へ─
だんがいしんあいなるものへ
親愛なる者へ
1979.03.21
作詞 作曲 編曲 (Ver.)
中島みゆき 中島みゆき   中島みゆき
LYRIC (b)@月光の宴
   出会いはつかの間 やっと会えたのにね
   覚えておいてね 今夜のあたしを
   ここから出て行きゃ あんたも現実
   あたしも化粧を落とせば現実
   だけど会えたよね 確かに見たよね
   覚えてておくれよ

風は北向き 心の中じゃ
朝も夜中も いつだって吹雪
だけど 死ぬまで 春の服を着るよ
そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね、みんなそうさ

生きてゆけよと 扉の外で
手を振りながら 呼んでる声が聞こえる
死んでしまえと ののしっておくれ
窓の中 笑いだす声を聞かすくらいなら、ねぇ、おまえだけは

 風は北向き 心の中じゃ
 朝も夜中も いつだって吹雪
 だけど 死ぬまで 春の服を着るよ
 そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね、みんなそうさ

  風は北向き 心の中じゃ
  朝も夜中も いつだって吹雪
  だけど 死ぬまで 春の服を着るよ
  そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
  
  風は北向き 心の中じゃ
  朝も夜中も いつだって吹雪
  だけど 死ぬまで 春の服を着るよ
  そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
 
  そうさ 死んでも春の服を着るよ
  そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
  そうさ 死んでも春の服を着るよ
  そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
  
    風は北向き 心の中じゃ
    朝も夜中も いつだって吹雪
    だけど 死ぬまで春の服を着るよ
    そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
    そうさ 死んでも春の服を着るよ
    そうさ 寒いとみんな逃げてしまうものね
COPYRIGHT
JASRACコード 出版者
046-6821-9 ヤマハミュージックパブリッシング
音楽作品目録/トップページ
音楽作品目録/目次
作品リスト(楽曲)
作品リスト(歌詞)
作品リスト(歌詞)/凡例
作品リスト(歌詞)/50音順
作品リスト(楽曲)/年代順
作品リスト(歌詞)/提供曲
作品リスト(歌詞)/未確認
作品リスト(歌詞)/検索
シングル
アルバム
ビデオ
blank
ホーム
blank

サイト内検索

お問い合わせ
CategoryTop
Previous Back Next
PageTop
 
著作権 お問い合わせ サイトマップ 運営方針 サイト概要 バナー