中島みゆき研究所 Miyuki Nakajima Lab
総合案内 音楽作品目録 文献目録 TV・ラジオ・映画 中島みゆき掲示板 アイコン
略歴・管理人室 活動年譜 公演記録 美術館・写真館 リンク集
文献目録/書籍/著書・公式出版物
2015/05/27 更新

ウィンター・ガーデン 中島みゆき
「雪は天から送られた手紙である」/天からの数限りない手紙を、一行なりとも端切れなりとも読み受けたいと願いながら、私は繰り返し雪の湿原に立ちました─。/11回目の「夜会」を13編の歌詞と50編の詩で再現した詩詞集!
発行】2001.03.31/幻冬舎 【ISBN】4-344-00072-2 【価格】¥4,762
分類】詩詞集 【総頁】247 【判型】A4変(216*217) 【写真】60
目次
第一幕 GLASSHOUSE・夏  
第一場 到着  
1 いない私 26
  騙りの庭 29
2 新品の眺め 31
3 片袖のない着物 33
4 傷 34
5 おかえり 37
第二場 花に覆われた湿原  
6 能書き 46
7 新品のスーツを着た男 48
8 谷地眼 51
9 計 画 55
10 湿原であります 58
11 朱色の花を抱きしめて 61
  朱色の花を抱きしめて 63
12 花暖房 65
第三場 犯 罪  
13 一生と一日 72
14 狂言日誌 74
  朱を奪う紫 79
15 野守草 80
16 ためになる恋 82
17 獲物とった 84
第四場 風の夜  
18 ティーンエイジャーだった頃 93
19 陽時計・月時計 94
  陽紡ぎ唄 99
20 火をかざせ 100
21 手を出すな 103
22 ひとりぽっちの闘い 105
23 爪 106
  疑えばきりがない 109
24 さぐり 110
25 虫 113
第二幕 GLASSHOUSE・冬  
第一場 吹雪  
26 雪の粒はいくつ 133
27 古い帽子 134
  ツンドラ・バード 137
28 白銀霜髪 140
29 白闇 143
第二場 白都  
30 白都より 150
31 田舎のネズミ 154
  街路樹 157
32 轍 158
33 作業灯 160
第三場 病  
34 ひとりぽっちの闘い 168
35 氷河零時 170
36 氷室守 173
37 遠近法 174
  氷脈 177
38 足の下に何かがあるので 178
39 地下から陽時計を見上げれば 180
40 ヤコブの梯子 182
41 成 就 184
第四場 愛 人  
42 ずっと待ってたのに 194
43 CAP 199
  天使の階段 201
第五場 凍原へ  
  記 憶 207
44 空からアスピリン 210
  何を待っているの 213
45 祝 福 214
46 越境者 218
47 敵 220
  六 花 222
48 帳 簿 225
49 地吹雪を御存知ない 228
第六場 迷 子  
  粉雪は忘れ薬 243
50 凍原楼閣 244
2000年11月22日〜12月25日まで渋谷Bunkamuraシアターコクーンにて上演された「夜会Vol.11 ウィンター・ガーデン」を13編の歌詞と50編の詩で再現した詩詞集。イメージ写真60点が収録されているが、舞台写真や中島みゆきの写真は無い。第38篇「足の下に何かがあるので」に誤植が見つかり回収するという不手際があった
★★★★
[an error occurred while processing this directive]
サイト内検索

お問い合わせ

[an error occurred while processing this directive]  
著作権 お問い合わせ サイトマップ 運営方針 サイト概要 バナー